私のコンプレックスはぺニスが小さいことです。

世の中の男性では比較的多い悩みのようで、私の友人にも何人かいました。

他の友人はメンズクリニックでペニスを大きくしたいと言う相談からサプリを処方してもらって飲んでいましいたが、いまいちの反応で私は怖くて行くのをためらっています。正直お金をかけて行くほどでもないかなとか、女性との性交渉で自信を持ちたいと言うような変なプライドを持っているせいで他人に見てもらう恥ずかしさがありました。

ですので私は仕事柄解剖学に詳しくペニスの構造もしっかりと把握しています。ですので最近流行りのトレーニングで大きくできないか調べることにしました。そもそもペニスの勃起のメカニズムは海綿体(筋肉ではなくてスポンジのような組織)に血流が行き渡り大きくなる仕組みです。

ですので根本的には大きすすることは難しいと考えられています。ですが血流を良くしてより大きく、硬く、持続時間を伸ばすことでよりペニスを強くすることにより大きくなるのではないかと考えます。

このように上記の三つのためにやるべきトレーニングを私は実践しているので効果があったものを紹介します。

一つ目は血流を良くするためには下半身の筋肉をより使えるようにする必要があります。よく聞くこともあるPC筋を鍛えます。PC筋の効果は主に肛門から出る便を切る働きや尿を止める際に働く筋肉になります。で

すので毎日立ってる時や出勤中の電車や車の中で肛門を締める運動を繰り返します。これは結構効果的で私自身の実感では持続時間が伸びました。

肛門を締めると言うと下腹部に力を入れたり、お尻をすぼめると言うと大体の方はできるかと思います。それでもできない方はスクワットをしてください。肩幅くらいに足を広げてしゃがみそこから立ち上がる時に肛門を締める動きが連動しますので大体10回2セットくらいを目安にやってみてください。

私はコントロールできるので何かと締めるようにすると今度は尿道近くの筋肉が働く感じがするかと思います。ここまで感じることができればペニスを動かす筋肉が働いています。この筋肉こそがペニスを大きくする効果があると思います。

ペニスに関わらず筋肉自体は反復して動かすことで鍛えることできるので毎日地道に繰り返してもらえると効果があります。

注意点はネットなどにはペニス自体を圧迫するようなものや血流を一時的に止めて流したりと粗暴に扱うようなものも見受けられますが危険なのでやめた方がいいと思います。私が実践しているような反復して動かすようなものが安全で確実だと思います。

ペニスが小さい原因としては遺伝があるがトレーニングで改善可能

平均より小さいと、自分のペニスは小さいという感覚になると思われますが、ペニスが小さい原因はどんなものなのでしょうか?
ペニスが小さい原因というのは、遺伝などの要因が実はあるということは知っておいた方が良いです。
つまり、遺伝によってペニスのサイズが決まっている面はあるので、そこはしょうがないということになります。
しかし、遺伝によってペニスが小さい状態になったとしても、そのサイズを一切変えられないということではありません。
遺伝というのがペニスが小さい原因になっていたとしても、それは何もしない状態のサイズがそれで固定されてしまうということであり、何かをすればサイズは変わる可能性があるのです。

つまり、ペニスが小さい原因としては遺伝という部分がまずあるわけです。
そして、遺伝によってペニスのサイズというのはある程度決まってしまいますが、そこからの努力によってサイズは変えられるので、あきらめる必要はないということです。
薄毛とかも遺伝が関係しますが、薄毛対策をすることで髪の毛を生やすことはできますから、それと同じということになります。

遺伝によって自分のペニスが小さいとしても、ペニスのサイズ増大トレーニングをするという方法がありますから、それをやっていくと良いでしょう。
例えば、ペニスの筋肉でPC筋というものがあり、これを鍛えるという方法があって、それを実践するとペニスが小さい悩みを解決させられる可能性があります。
PC筋というのは外からじゃよく分かりませんが、スクワットなどをするとことで鍛えられるということになっています。

スクワットならば誰でも今すぐに簡単に行えるはずなので、非常におすすめです。
そういった方法を使ってPC筋肉を鍛えていけば、少しずつでもサイズアップの可能性がありますし、男性としての自信を取り戻せる可能性があるのです。
こういった方法は基本的に毎日やっていかないと意味がないので、サボらないように、忘れないようにしましょう。

たまにやるような状態になってしまうと、効果が限定的になってしまいます。
そうなると効果が出なかったり、効果が出てもすごい時間がかかってしまい、効果が出る前にやめてしまう可能性もあります。

したがって、遺伝によってペニスサイズが小さいという人に関しては、スクワットなどのトレーニングを毎日継続してやることで、改善してほしいと思います。

ペニスのサイズアップにおいて埋没陰茎長茎手術の特徴

自分のペニスを大きくしたいと思っている人は多くいると思いますけど、いろいろな方法の中で最も簡単なのが手術です。
トレーニングとか、サプリメントによって大きくする方法もありますけど、時間がかかりますし、手間も必要です。
したがって、ペニスを手術によって大きくするというのは最も時間や手間がいらない方法なので、頭の中に候補として入れておくべきと言えると思います。

ペニスを大きくするための手術方法は1種類じゃないので、いくつかある中から選択をするということになります。
最も効果的な方法と言えるのは、埋没陰茎長茎手術になるのではないか?と思われます。
これはサイズというか、長さを長くするときには1番効果的と言えるもので、見た目で明らかにでかくなった、長くなったというのが実感できるはずです。

この埋没陰茎長茎手術という方法は、ペニスの長さを長くするときに埋まっている部分を引っ張ってくるというものになります。
人間は基本的にペニスの全てが外に露出しているわけではなく、少なからず身体の中に埋まってしまっている部分が存在するので、その部分を引っ張ることで長くなります。
下腹部あたりに埋まっている部分がありますから、それを手術で引っ張って、外に出してやるということになるのですが、これは平常時のペニスの長さで言えば、かなり効果があります。

勃起したときにはそこまで大きな変化と感じない可能性はあるものの、とりあえず長さに関しては長くなるので、埋没陰茎長茎手術という方法は覚えておきましょう。
最も簡単と言える方法ですし、数多くあるペニスのサイズアップの手術方法の中でも不安などを感じにくいはずなので、そういったところもメリットになるのではないか?と思います。
手術を考えている人は、この埋没陰茎長茎手術も選択肢に入れておきましょう。

しかし、手術をしてもそれだけ全員が満足しない可能性もあるのです。
手術をした結果、どのくらい長くなるか?というのは個人差もありますから。
埋没陰茎長茎手術の場合には平常時の長さで最大で5センチくらいはアップする可能性があるとされていますが、どれくらいサイズアップするか?はやってみないと分からないということです。

したがって、手術は有効な方法ではありますけど、それだけでは満足しない人もいるかもしれませんから、そこは想定しておきましょう。
そういったときには別のトレーニング、サプリメントなどの方法を組み合わせると良いのではないか?と思います。

手術でペニスを大きくするなら脂肪吸引・注入が人気

ペニスは人それぞれ大きさに個人差があります。ペニスの大きさにコンプレックスを抱えている人も多いですが、対処法はたくさんあります。自分でトレーニングする方・サプリを利用する方もいます。しかし安全で簡単な方法を選択したいと手術をして治すという方もいます。ペニスの手術には色んな手術があり、形を変える・シリコンボールを入れる・小さくするなど様々です。そしてペニスを長くする手術の方法もいくつかありますが、メジャーな方法としては脂肪吸引と脂肪注入が挙げられます。手術の方法として脂肪の多いお腹から脂肪を少量吸引します。
そしてペニスの陰茎部に適量注入する方法がメジャーな方法となります。この方法のメリットとしては自分の脂肪を使用しているため、拒絶反応や副作用は起こりにくいです。そのため体への負担も生じにくいです。長さや形についても注入する量や部位によって調整できます。陰茎部に注入する人もいれば亀頭部分に注入する人もいます。注入する量や部位次第で自分の好みに合わせたペニスのフォルム・デザインを決めることが出来ます。他の方法と違い、速効性に優れており手術自体は一日で終わります。術後も数日から一週間程度包帯で脂肪の形が崩れないように保護が必要ですが、その術後管理をしっかりとすればデメリットはほぼありません。脂肪がしっかりとペニスに定着すればそこから崩れるリスクも少ないです。

ペニスを肥大させる方法は脂肪以外にもヒアルロン酸を注入する方法もあります。しかしヒアルロン酸は自然と体内に吸収されるため、いずれは大きさも元に戻りかねません。しかし脂肪注入はヒアルロン酸のように体内に吸収されて戻るということもないため、一度の手術で臨んだ形・長さを維持することが出来ます。他の手術としては陰茎部の根元の脂肪を吸引する方法であり、特に太っている人におすすめとされています。太っている人は陰茎部の根元まで脂肪が溢れてしまい、ペニスの長さが脂肪で埋もれていることが多いです。

そのためその部分の脂肪を吸引して除去してしまうと、ペニス本来持つ陰茎部分が露出するため長さを増すことが出来ます。どちらの手術も共通して吸引は必要ですが、吸引する際は小さな針で行うため、傷は目立ちにくくダメージも最小限で済みます。ペニスの問題・コンプレックスは多くの男性にとって大きなものです。サプリメントは副作用が怖い・セルフトレーニングでは治らないなど色々不安を抱える人も多いです。ばれない・安全・確実な方法では自身の脂肪を使った手術が人気とされています。

 

SOS!祖チンになる原因を調べて、その改善策を探れ!

「女性自身」といえば週刊誌ですが、「男性自身」といえばペニスを連想する人も多いでしょう。それだけ、ペニスは男性を象徴するものなのです。そのため、ペニスの大きさや形は男性の悩みになることが多いです。特に、短かったり小さかったりするものは、最も相談件数として多いと言われています。今回はペニスの小ささの原因と、その改善策について知っていきます。

そもそも、「小さいペニス」とは具体的にどのくらいのものを指すのでしょうか。思春期の頃に定規をペニスにあてて計測をしたという人もいるかもしれませんが、日本人の平均は13cmほどだと言われています。

これは勃起時のサイズなので、平均では8cmという人が多いようです。つまり、13cmほど勃起したサイズがあれば、コンプレックスを抱く心配は無いと言えるでしょう。ちなみに、世界最大のペニスの平均サイズを誇るのは、コンゴで、18cmと言われています。

ペニスが小さいというものの原因には様々ありますが、代表的なものといえば、やはり遺伝です。背丈や体格のように遺伝に基づいて形作られるペニスの大きさや形。そのため、小さいペニスを持つ遺伝子は子孫に着実に反映されていると言われています。

しかし、だからと言って悲観的になることはありません。その他のペニスが小さい要因を探っていけば、ペニスを大きくするための策が見つかるかもしれません。

まず、ペニスを大きくするためには、男性ホルモンの分泌を活性化させましょう。ペニスは第二次性徴の時にテストステロンという男性ホルモンの影響を受けて発達します。精巣から分泌された男性ホルモンは精巣上体の輸精管に誘導されて大きくなっていくのです。

そのため、男性ホルモンの分泌不足は直接的にペニスの大きさにつながっていきます。もしもペニスの大きさが気になるという人は、毎日の生活を見直すことが重要です。男性ホルモンを分泌させるには、まず十分な栄養バランスのとれた食事、そして満足な睡眠、適度な運動が大切になってきます。

また、ペニスを大きくさせるペニス増大トレーニングの中にあるミルキングというものは、ペニスを大きくさせる効果が高いという声もあります。これは、牛の乳搾りのように小指から人差し指まで順番にペニスを握っていくものです。

このような刺激がペニスを大きくさせることに繋がります。しかし、強すぎるミルキングはペニスを傷付けてしまう可能性があるので注意が必要です。また、強すぎる刺激は勃起不全や不感症に繋がります。気をつけてください。

さい原因とその解決策

※男性ホルモンの減少が原因である場合
ペニスが生まれながらに小さい男性の多くには成長期である時期、大体15歳から20歳に至るまでの間に何らかの原因で男性ホルモンが減少することでペニスが小さくなります。その理由ですが男性ホルモンが減少すると、血流の流れが悪くなり、成長を促す男性ホルモンが生殖器を構成する際、少ない栄養素でペニスを成長させようとします。

この時、男性には生殖機能がありその機能を維持したままペニスを形作ろうとすると男性ホルモンが十分でない場合、最低限の機能しかないペニスが形成されその結果が小さなペニスになります。

男性ホルモンの減少ですが、理由としては栄養バランスの取れた食事が取れていない事、十分な睡眠時間が取れていない事、運動不足であることが原因とされていますが決定的な原因は特定できていません。

※血管のダメージによる血流の減少
ペニスの成長には血流が関係しており下半身の血流が阻害されると成長が鈍化し成長が遅れ、その結果ペニスが小さくなります。タバコや激しいスポーツ等で下半身にダメージを与え血管が壊れるとその修復のために時間がかかり、その間、下半身に栄養を届ける道が少なくなるため成長が遅れます。

解決方法としてはスポーツの見直しや血管を傷つける喫煙などの習慣を見直す必要があり、その習慣を20歳になるまでに止めることが重要です。ペニスの成長は20歳までに決まりますのでそれ以降ですと成長は鈍化します。

※包茎もペニスが小さい原因のひとつ
包茎の方はペニスの包皮が亀頭に張り付きペニスの筋組織が大きくなることを阻害してしまいますのでペニスは大きくなりません。真性包茎ほど筋組織が大きくなることを阻害しますのでこちらの場合は手術が必要になります。

※ペニスを大きくするには
現在ですと血流を改善しペニスの栄養となるサプリメントがいろいろな会社から販売されていますのでそちらを利用して適度に下半身に負荷をかけない運動をすることで男性ホルモンを体から放出してペニスの成長を促すトレーニング方法があります。

運動につきましてはジョギングやスクワットなど軽めに下半身に負荷をかける程度の運動で体の代謝を上げるサプリメントなどを使用したり、精力サプリメントなどを使用してから運動することで男性ホルモンを体から放出させる運動方法を心がけると良いでしょう。

絶対にしてはいけないことは激しい運動は細胞を傷つけますからNGになります。水泳などは筋肉組織にあまり負荷をかけませんのでお勧めの運動方法になります。

ペニスを大きくしたい

ペニスが人より小さいと悩みだしたのは高校の合宿の時に風呂に入りみんなのペニスを見たら自分より一回り大きいことが分りました。自分は包茎で皮被り先がしぼんで大きさが親指ぐらいでした、みんなに見られてにやっと笑われ恥ずかしかったです。それがトラウマになりお風呂には入らずシャワーか自宅で入るようになりました。最初は少し痛いけど強制的にペニスの先の皮を剥いてペニスをしごき亀頭部を露出させてみました、最初は少し痛かったのですが、少ししたら正常になりお風呂に入るとペニスを大きくするために引っ張ったりして大きくなるようなマサージをしたのです。その甲斐がありペニスは大きくなり彼女との初体験は正常に行えるようになりました。

高校生活では複数の女子との関係を持ち週に何回かはさせてもらいました、若いですからそれだけでは持ちません、朝起きたらすぐにペニス増大マッサージ根元から上に引っ張るように何回もすると本当に大きくなり最後には射精をして学校へ行き今日の相手と帰りに待ち合わせ、家に彼女を連れ込みそのまま服を脱がせてお互いのあそこを舐めあいゴムを付けてすぐ挿入こんな感じで過ごしていました。大学に進学するとバイトが忙しくなり中々出会いがありませんでした。ある時隣の女子大生が仕送りが今月遅れてるからお金が無くてご飯が食べれないとのことで自分が作ったカレーをお皿に一杯あげたらお返しに肉じゃがを次の日に貰いました。それから彼女と付き合いが始まりお互いの部屋で交代に食事をするようになり夜もいつのまにか同じ布団に入り男女の関係を持ちました。

彼女は高校時代に初体験をして、あまりの痛さにレスになりそれ以来なので処女と変わらない行為でした、最初は痛がりましたが何回かしたら反対に気持ち良くなりしばらくしたら反対に求めるようになりました。そんな彼女を見てペニスを強化増大をすることにしました。毎日屈伸運動をして下半身の筋肉強化食事は精力が付く料理を彼女に考えてもらい、数か月続けましたところ彼女がペニスを見て驚いていました。

大きくなってると、自分は彼女に君のために大きくしたんだよとすぐに服を脱がせ自分も全裸になり彼女にフェラをしてもらいながらあそこを舐めまわしました、そうしたら出ること出ること愛液が止まりません、彼女に言葉攻めをして気分が乗ってきたところで挿入そのまま中出しをしたら彼女は責任を取ってと言われそのつもりだと答えると頂戴と言われさらに3回中出しをしてしまいました、大学を卒業して就職をして2年後にようやく結婚をしました。

ペニスを増大させるサプリメントについて

男性の悩みには色々なものがありますが、やはり自信の源として挙げられることが多いのが下半身も逞しさでしょう。ペニスなどはやはり小さいよりかは大きい方がメリットなども多く、より逞しいとそれだけ彼女も満足させてあげられます。

さてペニスを増大させる方法は様々な方法がありますが、最近だと手軽さと続けやすさから増大サプリメントを選ぶ方が増えているそうです。ペニス増大サプリメントには色々な成分が入っているのですが、やはり基本的な成分として血流を改善させるアルギニンやシトルリンはメジャーなものですね。大体の増大サプリメントにはこの成分が入っているのですが、やはり勃起力などにも関わってくる血流を改善すると、栄養素なども行き渡りやすくなり自然とペニスが増大したり成長したりするのです。

主に血流を改善させる効果があるのがシトルリンですが、こちらはスイカなどに多く入っている成分であり安全な効果なので嬉しいですね。またアルギニンに関しては精力回復や疲労回復の効果などもあるので、ペニス増大だけではなく、夜の生活などをサポートしてくれる成分なのも良い点でしょう。

増大サプリメントには精力を高める成分も一緒に入っていることも多く、有名なのはマカ、クラチャイダム、トンカットアリなどがあります。滋養強壮としても優れた効果を持っているので、年齢などからペニスの力が衰えた方などにもおすすめな成分です。ペニス増大に関しては若い男性のコンプレックス的な問題と、加齢などからペニスに元気がなく小さくなってしまうケースなど多数の原因があります。ペニス増大には基本的に血流を改善する作用と、豊富な栄養成分が入っていることの二種類が必要となってきており、これら2つの効果が優れているものを選びましょう。

増大サプリメントとしてメジャーな成分としては亜鉛なども有名ですが、確かに精子などの運動が活発になるなど一定の効果はあります。しかし実際に血流を改善するという効果を考えると、やはり単品の亜鉛サプリメントだけではペニス増大の効果はあまり望めないでしょう。これらアルギニンやシトルリン、その他の精力・滋養強壮成分などが一緒になった増大サプリメントなども多くありますので、口コミなどを参考にして選びましょう。

このようにペニス増大サプリメントは血流を改善する効果があるアルギニンやシトルリンを配合しているもの選ぶのをおすすめします。ある程度大きくなることも考えて、さらにセックス時にサポートとなる精力向上効果のあるものが一緒に配合されている商品もおすすめです。

適切な栄養摂取とトレーニングでペニスを大きくする方法

身体の成長には、その部位に関わらず栄養のバランスの取れた食事で、成長に必要な栄養素を摂取する事がまず必要です。その上で、ペニスを増大させる適切なトレーニングを施す事が有効です。
このトレーニングとして、ペニスの増大に関係する男性ホルモンの分泌を促すトレーニングと、ペニス自身に刺激や運動を施すトレーニングについて説明したいと思います。

ペニスの増大に大きく関係するのものとして男性ホルモンがあります。この男性ホルモンであるテストステロンの分泌が適切に日々生じなければ性欲の減退を招き、またペニスの成長を阻害してしまう事になります。
テストステロンは加齢とともにその分泌が減少する傾向があり、加齢と共に男性機能が衰えて行く事と符合しているのです。
テストステロンの分泌を阻害する要因としては食生活・睡眠・生活リズム・ストレス・運動が指摘されています。健康を維持するために一般的に必要ともされているこの要素を意識し、さらに栄養素として精力を付けると言われる生卵で補給してやるのが最も手軽です。
また適度な全身運動が必要ですが、特にペニスの増大には下半身の運動が有効で、スクワットが最も効果が高いと言われています。このは下半身を強化するスクワットが、テストステロンの分泌を促す効果と共に、ダイレクトに下半身の各部位を強化するので、ペニス増強に非常に有効なのです。
しかし、いくら運動しても、タンパク質等の摂取が不足していれば効果が上がりませんので、この点は注意が必要です。

もう1つの運動・刺激としては、直接ペニスに加える運動です。ご存知のように、ペニスは血管が網の目の様に張り巡らされた海綿体組織で形成されており、ここに一気に血液が流入する事で勃起が生じるものです。
ペニスを増大させるには、この海綿体組織を大きくすると共に、血流が良くなるようにして、いざという時に流れ込む血流を増やし、膨張率を高める事が有効と言えます。
ペニスをマッサージしたり引っ張たりするチントレが効果的だと言われますが、これは海綿体組織を大きくしているのではなく、血流を良くして勃起時の膨張率を高める効果によるものです。この方法も、効果はありますが、血流が流れ込んで膨張した状態をできるだけ長く維持する事で、筋肉増強時に限界に近い負荷をかけるのと同様の効果で海綿体組織自体を大きくする事をプラスするのがより効果的です。
AV男優等は、毎日の様に長時間勃起をさせている事で、最初は標準サイズであったペニスがいつしか大きく立派なものとなったと話している事が、この勃起維持で血流を流し込んだ状態を維持する事で海綿体自身が大きくなる事を証明していると言えます。