ゼクナールは、利用者から非常に高い評価を得ている増大サプリです。
利用者の実に80%以上が、増大効果を実感しています。
なぜこのような高い効果が得られているのかというと、それは成分に秘密があります。

ゼクナールは、「カプセル」「丸い錠剤」「三角の錠剤」の計3種で構成されており、各々に含まれている成分も異なります。

まず、カプセルに含まれているのは、「必須ミネラル成分」です。
これは、性器の増大には欠かすことのできない成分ですが、その中でも重要なのが「シトルリン」「アルギニン」「オルチニン」です。

シトルリンには血管を広げる効果があるので、血行が改善され、性器に血液が流れやすくなります。
血液には、男性ホルモンや成長ホルモンが含まれているので、これらによる性器増大が期待できます。

アルギニンは、男性ホルモンと成長ホルモンの分泌を促進させるという働きがあります。
また、アルギニンとシトルリンは互いに相性のよい成分であり、同時に摂ることで相乗効果も期待できます。

オルチニンには、疲労の回復や肝機能の向上などの働きがあり、それによって精子量の増加や精子の動きの活発化などが期待できます。

次に、丸い錠剤には「必須動植物成分」が含まれています。

必須動植物成分の中でも重要なのが、「クラチャイダム」「ロットンダ」などの、生姜系の成分です。
これらには、必須ミネラル成分でもあるアルギニンが含まれているからです。
また、「スッポン」「マカ」「マムシ」などといった精力増強効果のある成分も、多く含まれています。
これらの成分は、必須ミネラル成分と相性がよいため、より高い効果が期待できます。

そして、三角の錠剤には、「吸収サポート成分」が含まれています。
これは、ゼクナール独自の発想から生まれた物で、上述の必須ミネラル成分と必須動植物成分を効率よく吸収する働きがあります。
主な成分としては、「乳酸菌」「食物線維」などが挙げられます。
これらは、腸内の環境を改善することで知られていますが、一見すると性器の増大とは無関係に思えます。

しかし、実は大きな関係があります。
腸内の環境が悪いと、成分を効率よく吸収できないため、効果も半減してしまいます。
そのため、吸収サポート成分で腸内の環境を改善することで、本来の効果を発揮しやすくなるのです。

このように、ゼクナールの成分は増大に大きな効果を持っているわけですが、中には「効果がない」という人もいます。
しかし、その場合は「飲み方を間違えている」という可能性があります。
いくら効果の高いサプリでも、飲み方が間違っていると効果も十分に発揮されません。

では、ゼクナールの正しい飲み方ですが、これは上述のようにカプセル1種と錠剤2種が、1箱に30錠ずつ入っています。
公式サイトによると、1箱は1ヵ月分ということなので、1日にそれぞれ1錠ずつ飲むということになります。

しかし、3種類あるということは、1錠ずつバラバラの時間に飲んだらよいのか、まとめて飲んだらよいのか迷う人もいるでしょう。

ゼクナールは、まとめて飲むことをお勧めします。
なぜかというと、個々の錠剤の役割が分担されているからです。
ゼクナールの錠剤には、必須ミネラル成分・必須動植物成分・吸収サポート成分がそれぞれ含まれていますが、体に吸収しきれなかった成分は、尿として排出されるようになっています。
しかし、ゼクナールは必須有効成分と吸収サポート成分を同時に飲むことで、少しでも多く成分を吸収しやすくしてあります。
逆にいうと、バラバラに飲むと吸収サポート成分の意味がなくなるので、一緒に飲むのが正しい飲み方といえます。

また、飲む時間帯ですが、成長ホルモンが多く分泌されるのは寝ている時なので、夜に飲むのがよいでしょう。